[コモディティの時代到来!]今、銀を買う!(短期投資のアイデアNo.001-①)

みなさんこんにちは。大河原はっさくです。

ビットコインが2万ドル越えの史上最高値を更新しました。コモディティの時代が到来するのか?

そんな中で現在、非常に興味深いコモディティが銀です。

結論、私は短期投資として買うべきだと思います。その理由を解説します。
(2020年12月18日現在時点での分析です)

それでは今回もよろしくおねがいいたします。

テクニカル分析とチャート分析

今回分析するのは
・銀/米ドル
・日足

分析①下降トレンドラインを上にブレイクアウト(強い!!!)

→下降トレンドラインに沿って8月以降、銀価格は下がってきていましたがついに下降トレンドラインを上にブレイクアウトしました。強いです。

分析②MACD(分析結果:上昇トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤のシグナル線を上向きにつき通っています。

これは上昇トレンドを示しています。

緑色の円で囲った部分を見るとだましになっており気に入りませんが、それ以外では適切で、直近のMACDの動きを見ると、このMACD線のパラメータは適切で信頼性があると感じます。

分析③ストキャスティックス(分析結果:あまり使い物にはならない)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤の線を上向きにつき通っています。

これはモメンタムが上向きであることを示しています。

直近のストキャスティックスの動きを見るとだましシグナルが多く、今回はストキャスティックスはあまり参考にならないかもしれないです。

分析④RSI(分析結果:上昇トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、RSIは50以上であるため、上昇トレンドです。

分析⑤ボリンジャーバンド(分析結果:問題ない)

→黄色い円で囲った部分を見ると、現在はボリンジャーバンドの幅の外であり、一時的に過大評価されている可能性があります。

→しかし、緑色の円で囲った部分を見ると、数日間連続でボリンジャーバンドの幅の外に出ながらも大きな上昇を見せていることがわかると思います。

そのため、今回はそこまで過大評価を気にする必要はないかと思います。

分析⑥空売り比率(分析結果:多少低いがそこまで気にする必要はない)

→2020年12月16日時点での銀のETFであるSLVの空売り比率は9.73%

→一年間の平均が16%程度なので比較的低い水準ですが、一年間で一番低いというわけではないので問題ないと思います。

<空売り比率については下記参照>
https://fintel.io/ss/us/slv

大河原はっさくの意見

最後に私の意見です。

今回は短期的な投資に対しての意見です。

私の意見では短期的に銀は買いだと思います。

テクニカル分析の結果は総合的にいいですし、ビットコインの上昇につられてアルトコインや他の貴金属も上昇しそうな感じが直感的にしています。

銀に投資する場合はETFで。[SLV]というETFを購入します。

私は短期投資用資産の5%分のSLVを買い、数日間様子を見てみたいと思います。
投資は自己責任で!

今回は以上です。読んでくれてありがとうございました。
素晴らしい投資ライフを!