[愛される楽天経済圏]楽天株を買うチャンスが来た!(短期投資のアイデアNo.002-①)

みなさんこんにちは。大河原はっさく(@okawarahassaku)です。
楽天経済圏は私も活用していますが、驚くほどお得です。

そんな楽天株(4755)のチャートがとても興味深いです。

結論、私は短期投資として買うチャンスが来たと思います。その理由を解説します。
(2020年12月21日現在時点での分析です)

それでは今回もよろしくおねがいいたします!

テクニカル分析とチャート分析

今回分析するのは
・楽天(4755)
・日足

分析①200日移動平均線で反発

→株価は直近で大きく下落していましたが、赤い線の200日移動平均線をサポートにして反発したように見えます。

トレンドが上昇へ転換したかもしれません。

分析②MACD(分析結果:上昇トレンドへ転換)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤のシグナル線を上向きにつき通っています。

これは上昇トレンドへのトレンド変換を示しています。

直近のMACDの動きを見ると、このMACD線のパラメータは適切で信頼性があると感じます。

分析③ストキャスティックス(分析結果:上昇トレンドへ転換の可能性がある)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤の線を今にも上向きにつき通りそうです。

これは上昇トレンドへ転換する可能性があることを示しています。

直近のストキャスティックスの動きを見ると、このストキャスティックスのパラメータは適切で信頼性があると感じます。

分析④RSI(分析結果:まだモメンタムは下向き)

→黄色い円で囲った部分を見ると、RSIはまだ50以下であるためモメンタムは下向きですが、直近上向いているため、50を突破しトレンド転換しそうな感じがします。

分析⑤ボリンジャーバンド(分析結果:問題ない)

→現在はボリンジャーバンドの幅の内側であり、過大評価も過小評価もされていません。

大河原はっさくの意見

最後に私の意見です。

今回は短期的な投資に対しての意見です。
私の意見では短期的に楽天株は買うべきだと思います。

テクニカル分析の結果を総合的にみてみると、トレンド転換の可能性が十分にあります。

私は短期投資用資産の5%分、楽天株(4755)を買います。

投資は自己責任で!

今回は以上です。読んでくれてありがとうございました。
素晴らしい投資ライフを!