[短期投資状況アップデート]銀を利確するべき理由をテクニカル分析で解説!(短期投資のアイデアNo.001-④ CLOSE)

みなさんこんにちは。大河原はっさく(@okawarahassaku)です。←「おおかわら」読みます。。。

私は昨日、短期投資として保有していた銀をすべて利確しました。(ブログ書く時間がなくてすみませんでした。)

今回はチャートを徹底分析してなぜ銀ETF[SLV]を利益確定したのかを解説します。

(2021年2月2日現在時点での分析です)

それでは今回もよろしくおねがいいたします!

[ここが大事]リマインド!なぜ銀ETFを買うべきと判断したのかを改めて確認

どんな場合でも「なぜ買ったのか」、「なぜ売ったのか」を振り返り前提を確認することが重要です。

そうしなければ適切に投資判断ができなくなってしまいます。

銀は2020年8月からの下降トレンドラインを上にブレイクアウトしたことから買いと判断しました。

しかし、米ドルの上昇によって順調に上がっていた銀価格は6.5%の暴落。

私は短期投資として保有していたSLVのポジションの75%をポジションカットしました。

ちなみに私は基本的に一回にポジションカットすることはありません。

損切りや利確した直後に暴騰して利益を取り逃がすことを人間はとても悔やんでしまうためです。

過去の記事で詳細に分析しています。

テクニカル分析とチャート分析

今回分析するのは
・銀/米ドル
・日足

分析①銀価格は3日間で約15%の上昇!

→銀価格はたった3日間で約15%の暴騰をしてます。

→これにはRedditユーザーの爆買いが影響しています。

分析②MACD(分析結果:上昇トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤のシグナル線を上向きにつき通っています。これは現在上昇トレンドであることを示しています。

分析③RSI(分析結果:上昇トレンド)

RSIとは最近の上昇度合いをもとに、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断をするインジケーターです。

一般的にRSIが70を超えると買われ過ぎ、30を下回ると売られ過ぎと判断をしますが、日足のチャートではこれは誤った使い方です。

私は日足のチャートでは50以上で上向き、50以下で下向きのモメンタムであるという判断に使います。

→RSIは現在50以上であるため、上昇トレンドです。

分析④ボリンジャーバンド(分析結果:かなり過大評価されている)

→昨日利確判断をした黄色い円で囲った部分を見ると、ボリンジャーバンドをかなり突破してしまっていることがわかります。

→ボリンジャーバンドの外側は統計的には外れ値なので枠内に戻る可能性が高く、これだけ大きく突破してしまっているところを見ると、かなり過大評価されているといえます。

→これから短期間は価格が安定し横ばい、もしくは下落する可能性が高いです。

分析⑤空売り比率(過大評価も過小評価もされていない)

→空売り比率は平均的なレベルより低ければ空売りが生じる可能性から懸念材料になり、高ければ買戻し圧力が生じる可能性から好材料となります。

→短期的な投資で特に重要視します。今回は銀ETF[SLV]の空売り比率を確認しておきましょう。

空売り比率の確認は下記サイトを参照しています。

SLV空売り比率
https://fintel.io/ss/us/slv

→空売り比率は13.88%であり、依然として直近1年間では平均的な水準です。

→このことからSLVは過大評価も過小評価もされていないことがわかります。

大河原はっさくの意見

最後に僕の意見です。

私の意見ではツイッターで発信した通り、短期投資として保有している残りの25%分は利益確定するべきだと思います。

理由はボリンジャーバンドを大きく突破してしまったためです。

短期的に価格の安定がある可能性が高いです。

私は前回のポジションカット(75%をカットしました)で約2%の損失を出しましたが、今回の利益確定で約11%の利益をとることができました!

長期的投資ではポートフォリオに占める銀の割合が大きくなってしまっていると思いますが、リバランスはもう少し待ってもいいかもしれません。

理由は今回の暴騰がRedditユーザーの爆買いによるもので一時的な可能性があるためです。

リバランス判断はもう少し様子を見てみましょう。

もちろんしっかりとご自身でも調査と分析をしていただいて、投資における最終判断は皆さんにしていただくことが前提ですが、分析の参考としてお役に立てたなら幸いです。

投資は自己責任で!

2021年に買うべき「夜明け前銘柄」を知りたい方は、こちらも見てみてください!

今回は以上です。読んでくれてありがとうございました。
素晴らしい投資ライフを!