[ahamo(アハモ)発表で楽天株下落]楽天株を今買うべきかを分析

みなさんこんにちは。大河原はっさくです。
楽天株が下落しています。今回は楽天の株を買うべきなのか?

結論、短期的に僕は買うべきではないと思います。その理由を解説します。
(2020年12月10日現在時点での分析です)

それでは今回もよろしくおねがいいたします。

楽天の株価に影響を与えそうなニュースのおさらい

概要を説明すると、NTTドコモにより月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)でご利用できる新料金プラン、「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供開始されることが発表されました。
下記参照


新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/03_00.html

このドコモの発表した新プランが楽天が提供する楽天モバイルのプラン「楽天アンリミット」と値段は大差ないのですが、回線のつながりやすさを比較して優れているという意見が多かったです。株価に影響していると思います。

テクニカル分析とチャート分析

今回分析するのは
・楽天(証券コード:4755)
・日足

分析①チャートパターン(分析結果:悲観的)

→頭と型二つの形をしているためネックラインは割っていないが下がりそうな雰囲気です。
→水色のサポートラインを割ってしまっていることが確認できます。

分析②ボリューム(分析結果:ちょっと悲観的)

→直近を見るとバカでかいというほどではないが、下落している日のボリュームが上昇している日のボリュームより大きいので売り圧力が大きいと判断できます。

分析③MACD(分析結果:下降トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤のシグナル線を下向きにつき通っています。これは下降トレンドを示しています。直近のMACDの動きを見ると、このMACD線のパラメータは適切かなと感じます。

分析④ストキャスティックス(分析結果:下降トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、青の線が赤の線を下向きにつき通っています。これは下降トレンドを示しています。直近のストキャスティックスの動きを見ると、このストキャスティックスのパラメータは適切かなと感じます。

分析⑤RSI(分析結果:下降トレンド)

→黄色い円で囲った部分を見ると、RSIが50以上から50以下になったことを示しており、下降トレンド入りしたように見えます。
→RSIの頂点がだんだんと下がってきていることも悲観要因です。

僕の意見

最後に僕の意見です。
今回は短期的な投資に対しての意見です。
僕の意見では楽天の株は短期的に買うべきではないと思います。

理由はシンプルで、テクニカル分析の結果を見ると下降トレンドの真っただ中だと思うからです。
「Don’t catch a falling knife」落ちてくるナイフは掴もうとしない!
投資は自己責任で!

今回は以上です。読んでくれてありがとうございました。
素晴らしい投資ライフを!